夢色☆あんどろいど

中華パッド&スティック、Raspberry Pi、Arduinoなど、怪しいデジタルガジェット探偵団!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X210機がこんな値段に…

年末の忙しさもようやく峠を越えました。尤もこれから年度末まではずっと忙しさが続いて、本当にほっこり出来るのは大型連休の頃なんですけどね...
クリスマスから年明けまではひとまずモラトリアムです。

以前のエントリでWVIA(正確に言うとVIAの子会社のWonderMedia社ですが)の新型SoC~M8710の話題を取り上げましたが、既に市場はARM11系への置き換えが急速に進んでいて、とうとう送料込み54ドル!なんて言うのまで出現してきたようです。
(画像をクリックすると拡大表示します)

a11121801.jpg

基本スペックはARM11系のInfotmic X210’別名ZT180)の1GHzを搭載した7吋(800×480ピクセル)、RAM256MB、内蔵ストレージ4GB、感圧式タッチパネル、OSはAndroid2.3・・・というところです。

製品画像を見る限りよくあるWM8650機の筐体を流用したようで、あの猛烈に華奢なUSB、RJ45アダブタを介する構造も同じです。
WM8650機は俗に「ゴミ」とも呼ばれて対象外とする向きもありますが、逆に根強いファンもいます。ダメな子ほど可愛いと言うか、実用性とか信頼性を一切考慮しない中華パッド遊びの王道?のような機種だと思いますが、それがARM11系に移行するのでしょうかね~?

ちなみに性能差はカタログデータ上ではCPU自体のパワーアップとクロック差を併せてWM8650機と比べると40%近い高速化が期待でき、GPU等の性能アップが加味されるベンチマークの結果では実に3.5倍位の差が生じています。そうは言ってもCortex搭載機から見るとやはり3分の1位の性能でしかありませんが、ある意味これがギリギリ許せる速度なのかも知れません。

4300円という値段を考えると、コイツに着ぐるみを着せて顔のグラフィックスを表示してしゃべらせるとか、さわると文句を言ったり弱音を吐いたりする~自我を持つ文鎮?にするとか、メデイアアートのネタにも使えそうな気がします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事へのトラックバック URL
http://yumeiroandroid.blog.fc2.com/tb.php/63-57884dfc

 | ホーム | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース (10)
スマートフォン (33)
中華パッド/タブレットPC (104)
ミニPC (25)
マイコン (64)
CNC機器 (16)
アクセサリ (14)
アプリ (9)
実験 (7)
工作 (13)
その他 (12)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。