夢色☆あんどろいど

中華パッド&スティック、Raspberry Pi、Arduinoなど、怪しいデジタルガジェット探偵団!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nucleoを買ってみました!

元々、マイコン遊びをはじめたきっかけは、2年前の春にRaspberry Piを手に入れて、GPIOで遊んでみようと思ったら、自分にその手の知識が全く無いことに愕然として、一度基本から鍛える必要があるな…とArduinoに手を出したのが発端なんですが、
経緯はこちらのエントリ↓
http://yumeiroandroid.blog.fc2.com/blog-entry-155.html

おかげでArduinoは基本のキホンぐらいは判るようになって、自作機が作れるレベルになりました。もうドラキー位なら喰われることはありません。

ということで、今後はAVR系に加えてARMにも手を出していこうと、まずはここ1年位急激に普及してきたmbedをはじめてみることにしました。
今回買ったのはSTマイクロエレクトリック社のNucleo(L152RE)。NXP社のnbedは2.5ドルのArduinoなんぞを使っている身としては異次元?の金額なのですがこちらは安い!(と言ってもUNO互換機5台分だけど…) 
Nucleoは色々な容量、速度のものが8種類もあって、それが何と値段が同じ! だったら一番高性能なのを買えば良さそうなものだけど、ビミョ~なデチューンが施されていてそうとも言えない... どれを選べば良いのか非常に難しい製品なのですが、私は一番速度は遅いけれどもFlashメモリ、SRAM共に最大級で、一応DACなども付いたL152REにしました。何がしたいかはっきりしていればそんなに悩むこともないんでしょうけどね~

↓パッケージ外観 いかにもPCパーツっぽい
a15051901.jpg

基本スペックはARM Cortex M3 32MHz、Flashメモリ512KB、SRAM80KB、EPROM16KB、タイマ、ADCの他、DACやゲインアンプ、LCDドライバ、静電容量センサなんかも搭載...
mbedsとして使用出来る他、ST-Link(STM系マイコンの標準プログラマ/デバッガ)も使用可能。Arduinoピン互換のコネクタも装備しています。

a15051902.jpg

↓Arduino UNO互換機(右)と比べるとかなり大きく感じます。
a15051903.jpg

↓USB接続用にSTM32F103CBT6も搭載。これだけでも昔の8ビットパソコン位のパワーがあるから侮れない...
a15051904.jpg

mbedの操作感などはまた次回といたしましょう!

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事へのトラックバック URL
http://yumeiroandroid.blog.fc2.com/tb.php/298-5d6c3ded

 | ホーム | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース (10)
スマートフォン (33)
中華パッド/タブレットPC (104)
ミニPC (25)
マイコン (64)
CNC機器 (16)
アクセサリ (14)
アプリ (9)
実験 (7)
工作 (13)
その他 (12)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。