夢色☆あんどろいど

中華パッド&スティック、Raspberry Pi、Arduinoなど、怪しいデジタルガジェット探偵団!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどもパソコンIchigoJam

先日のMake:Japanの記事で初めて知りました。ArdyunoやRaspberryPiで遊んでいる者にとっては興味津々な対象ですね!

早い話、RaspberryPiをもっとシンプルに、もっと子ども向けにしたものと考えてよさそうです。たしかに、RaspberryPiは子ども向けと言いつつ、動かせる状態にまで持っていくのにPCが不可欠な上に結構なスキルが要求されますし、結局のところLinuxですからね... それに比べてこちらはPCの世話になることもなく、キーボードとテレビに繋いで電源スイッチをオンにすればをとりあえず使えるようになりますから、教育用という点ではすごく直感的だと思います。

a15040401.jpg

まあ、私個人としては、まだ「マイコン」と呼ばれていた初期のパソコンを彷彿とさせる雰囲気と、これに使われているARMマイコン=NXP LPC1114に強く魅かれたわけなんですが...

詳細については↓の公式サイトをご覧いただくとして、
http://ichigojam.net/

すっかり買う気になって販売情報を確認すると、何故か店頭販売している店舗の大半が当地、大阪・日本橋にあるパーツ屋さんばかり? 経緯はよく判りませんが、何か大阪・日本橋発のプロジェクトみたいな感じで、暖かく見守っていきたい気分になります。

また、個人使用に限りファームウェア(BASICインタプリタ)が公開されていて、回路もArduino並のシンプルなものですので、その気になればブレッドボード上で自作可能だと思います。(実際ブレッドボード版キットもあるようです)
しかも、これに使われているLPC1114FN28というプロセッサは、スペックを見る限りATMega328Pよりかなり上な感じなのに、秋月電子で140円で売られている超高コスパなマイコンチップです。AVR系と比べるとやや気難しい雰囲気も漂いますが、なかなか好奇心をくすぐってくれますね!

これまで無理だろうと勝手に判断して調べもしていなかったのですが、実のところ、ArduinoでもVGA/コンポジット出力やBASICインタプリタを動かすことが可能であることを(今さら情けない話ですが…)、今回初めて知りました。でも、一番ポピュラーなATMega328(P)搭載機種ではRAMが貧弱すぎて、かなり厳しいものがあるようで... その点、RAMが倍(と言っても貧乏対決?みたいなもんでしょうけどね…)あるLPC1114なら格段に有利なのはたしかでしょう。

とにもかくにも、あの時代のPCやゲーム機を経験している非技術系人間にとっては、モニタ(テレビ)に繋いで使える端末が、曲がりなりにも、ブレッドボード上で、自分で作れる…というのは驚天動地な出来事なのです。想像しただけでワクワクしてしまいますね!



関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事へのトラックバック URL
http://yumeiroandroid.blog.fc2.com/tb.php/292-ee11b62f

 | ホーム | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース (10)
スマートフォン (33)
中華パッド/タブレットPC (104)
ミニPC (25)
マイコン (64)
CNC機器 (16)
アクセサリ (14)
アプリ (9)
実験 (7)
工作 (13)
その他 (12)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。