夢色☆あんどろいど

中華パッド&スティック、Raspberry Pi、Arduinoなど、怪しいデジタルガジェット探偵団!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Softbank 003ZにClockWorkMod(CWM)を仕込む

003Zのハックは本当にお手軽です! 大抵のことがアプリで出来てしまいますから初心者向きの端末ですね~ 文字通り「シンプルスタイルスマホ」で、ソフトバンクが真実を語る希有な例かも?。
ClockWorkMod(CWM)もアプリ一発で導入出来ます。中華パッドでならかなりドキドキものの作業なんですけどね...

具体的な導入手順はGoogle Playから「RomManageer」というアプリをインストールして、そのアプリにあるCCWMのインストールボタンをタップしてインストールするだけ。CWMインストールの時はROOT権限が必要ですが、ただそれだけ! 実に呆けなく導入完了です。
一度CWMを入れてしまえばRomManageerがなくともCWMは使えますが、バックアップの際に任意の名前を付けたり便利な機能もありますので、邪魔にならないなら置いておきましょう。

↓RomManagerのメニュー画面
a15020201.jpg

↓ClockWorkMod(CWM)のインストールはここから行う
a15020202.jpg

CWMは、CyangenModなどのカスタムROMをインストールするための必須ツールですが、現在のシステムをバックアップすることも出来ますので、入れておくと文鎮化の危険性がかなり軽減出来ます。
注意すべき点としては、導入するともはや正規品とは呼べなくなること。標準リカバリのイメージさえあれば簡単に元に戻せますが、それを手に入れるのはかなり大変ですので…
もうひとつはユーザがインストールしたアプリやデータ、設定はバックアップしてくれないこと。これらは別途自力で何とかする必要があります。

↓CWMを起動(電源+音量-)してバックアップ中の様子
a15020203.jpg

まあ、この辺さえ理解しておけばこんなに心強いツールはりません。文鎮化してもリカバリ領域さえ無事なら何度でも復活出来ますし、多くのカスタムROMはリカバリイメージを含んでいませんから安心して試すことが出来ます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事へのトラックバック URL
http://yumeiroandroid.blog.fc2.com/tb.php/282-930a32fd

 | ホーム | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース (10)
スマートフォン (33)
中華パッド/タブレットPC (104)
ミニPC (25)
マイコン (64)
CNC機器 (16)
アクセサリ (14)
アプリ (9)
実験 (7)
工作 (13)
その他 (12)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。