夢色☆あんどろいど

中華パッド&スティック、Raspberry Pi、Arduinoなど、怪しいデジタルガジェット探偵団!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華パッドの楽しみ方(お買い物編)

Flytouch3キャンセルで、目下、何を買うかさんざん迷っています!
まあ、何でもそうですが、この検討段階が一番楽しいんですけどね…

私の場合、まだ中華歴?僅か4ヶ月弱で2台しか知りませんのであまり偉そうなことも言えませんが、頭の中を整理する意味で考えていること、迷っていることを書いてみようと思います。

今回検討している中華パッドの用途は学習用と言うか「知育玩具」のようなもの。(もちろん自分用ですけど…)
公式マーケット非対応機を対応機にしたり、ファームの交換をしたり、出来ればrootを取って大がかりなカスタマイズやリカバリデータを作りたい…と言ったところです。

元々は初の個人輸入となったWM8650機でそれをやろうと思ったのですが、PCとUSB接続できないためおいそれとはADBが使えず(WiFiでTCP接続って言う方法はあるらしいけど…)、さりとてカスタムファームはバリエーションがありすぎて当たる確率は極端に低い…ということで諦めてしまいました。
本当はDropad A8にはリカバリデータがあるのでこういう用途には使いやすいのですが、公式マーケットも含めて全く問題なく機嫌良く動いているものをわざわざ弄る気にもなりません。

今回選定条件と考えているポイントは次の5点です。

1.公式マーケット非対応で設定等が「素」のもの
まあ、本場からの直輸入なら特に気にせずとも非対応でChineseでしょうけど…

2.PCとUSB接続できること
USBがHOSTばかりでなくOTG(Device Mode)があるものです。

3.リカバリ用のファームがあるもの
弄って変になったら元の状態に戻せることが条件です。ファクトリーリセットでも良いのですが。
出荷時の公式ファームをバンドルあるいは配布してくれていることが理想です。

4.カスタマイズのための情報が豊富にあること
カスタムファームやハッキングのための情報が豊富にあること。コミュニティがあるのが理想です。できれば日本語であれば言うことなしですが外国語でも何とかなるでしょう。

5.価格がそこそこ安価なこと
実験機ですのでそんなに高いのはちょっと・・・ 100ドル+α位であってくれるのが理想です。

他にはそれほど拘る条件はありませんが、持ちやすいので7インチ機で適当に速いCPUと中クラス以上のバッテリーが載っていれば良いです。どうせOTG付となるとエントリークラスの製品では無理ですのでA8以降位のクラスになるでしょう。後は、2点タッチできれば感圧、静電どっちでも良いですしカメラ、GPS、青歯はあってもなくても良いです。OSはこれらの条件で絞り込めばまず2.2以上でしょうからあまり気にしていませんが、2.3の方が軽快なので最終的な決め手にはなると思います。

この内、一番難しい条件は3のファームの問題かなと思って、ちょっと調べてみると、Ainol。ONDA、Teclast、CUBE、ramos、WITS、EKEN、Zwnithink等で公式ファームの配布が行われていました。通常はアップデート版ですが初期状態のファームを配布しているところもあるようです。ただ、CUBEやZenithink、WITS、EKENは互換品やら偽造品がたくさんあって通販で純正品を特定するのはなかなか大変なように思います。
また4の条件は3と相関性があって、公式ファームがあればカスタムファームが生まれ、それに関係してツールや情報が流通する…という構造にあるように思います。

ということで具体的な機種をあげると...
Ainol NOVO7(上左)、ONDA VX610W(上右)、ramos W10(下左)、Zenithink C71(下右)の4機種となりました。

a11101901.jpg

この内C71はデザインは一番好きなのですがバッテリーが如何せん2400mAHしかくなくこの時点で断念。残る3機種からとなると、最新CPUを積んで価格が安く初期ファームもあるVX610W、人気が高く情報量が多いNOVO7、手堅い造りで既に情報の蓄積があるW10のどれを選択するかということになりますが、気持ち的には以前から興味のあるVX610Wが一歩リードというところです。DX版の登場で少し流動的な要素はありますが、欲しいのは在来モデルの方なので影響もないようですし。

と、ここまで決意した段階で新たな迷いのタネが...
ONDA VX580Wが何と72ドルで売られているのを見つけてしまいました。
この製品、知名度は低いですが、日本で人気のあるNOVO5やCUBE Q7PROとファームレベルで互換性のある三姉妹機の一台です。新製品のVX610Wと比べれば既にカスタムファームも多数出回り情報も豊富ですが、LCDが5インチという点が唯一にして最大の問題点。
う~んどうしましょうか...
a11101902.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事へのトラックバック URL
http://yumeiroandroid.blog.fc2.com/tb.php/28-f39ddc61

 | ホーム | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース (10)
スマートフォン (33)
中華パッド/タブレットPC (104)
ミニPC (25)
マイコン (64)
CNC機器 (16)
アクセサリ (14)
アプリ (9)
実験 (7)
工作 (13)
その他 (12)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。