夢色☆あんどろいど

中華パッド&スティック、Raspberry Pi、Arduinoなど、怪しいデジタルガジェット探偵団!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度は別バージョンの激安中華Arduino互換機も買ってしまった!

当ブログでこのところ頻繁に取り上げている激安の中華Arduino UNO互換機ですが、BAITE製でない方のが5台ロットで@3.7ドル台にまで値下がりしてきています。ここまで来ると怖い物見たさの好奇心が抑えられず、1台だけ買ってみました!
価格は4.24ドル(現在は4.19ドル)。単品なので割高ですが、このタイプのハシリの時期に買ったBAITE製のは5.51ドルでしたから、ここ1ヶ月半位でだいたい4分の3になったことになります。

↓こちらはUSBケーブルと、拡張用のヘッダピンまで付属していました! 商品説明ではたしかケーブル無しで付属品も明記されていませんでしたが... 何でも誇張気味の中国製品としては恐ろしくレアなケースです。
a14091001.jpg

軽くチェックしてみた限りでは特に問題はないようです。造りも予想していた以上にしっかりしていて、一番ありがちなピンソケットのガタツキやズレも見られませんでした。以前買ったBAITE製(今はこちらも単品購入で4.18ドルにまで下がっていますが…)のと比べてもこっちの方がシルク印刷は綺麗だし、むしろ高級に見えます。

↓表面 「DCcEle DCcduino UNO」と言う製品名らしいけど何と読むかは不明です。実装もシルク印刷も結構綺麗。
a14091002.jpg

↓裏面 サービス端子が多いのと、コスト削減もあるのかシルク印刷が全くありません。かなり質実剛健な感じです。
a14091005.jpg

また、この製品はMCUが小さいことを活かして拡張用の端子をたくさん用意してある点が「売り」のようです。ピンソケットと並行してヘッダピンの端子が用意されているほか、随所にサービス端子があります。

↓拡張用のサービス端子が一杯付いている…
a14091004.jpg

これが邦貨にして400円前後で買えるというのはかなり驚異的なことだと思います。
しかし、ここまで安いと困ったこともあります。実はブレッドボードで作る自作Arduinoが、USBシリアル変換モジュールとATMega328Pの生チップだけでもどんなに頑張っても3.5ドル以下にはならず(5台ロット時)、「自作するとかなり高くつく…」ということになってしまうのです。もちろん国内の相場感覚からすれば自作機でも十分「激安」と言えるでしょうし、何よりもArduinoを自分で作る…という満足感や技術的先行感は何者にも代え難いと思うのですが、「本当は完成ボードの方が圧倒的に安いんだけどね…」と内心思いながら自作機を作るのはちょっとキツいな~と思う次第です。
まあ、そんなに真剣に悩む筋合いの話ではないですけどね... それより、この劇的!とも言える安さを活かして、新たな使い途を考えるのがより建設的なんでしょうね~


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事へのトラックバック URL
http://yumeiroandroid.blog.fc2.com/tb.php/248-3a76098b

 | ホーム | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース (10)
スマートフォン (33)
中華パッド/タブレットPC (104)
ミニPC (25)
マイコン (64)
CNC機器 (16)
アクセサリ (14)
アプリ (9)
実験 (7)
工作 (13)
その他 (12)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。