夢色☆あんどろいど

中華パッド&スティック、Raspberry Pi、Arduinoなど、怪しいデジタルガジェット探偵団!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステッピングモーターを回す(その2)

前回のエントリの[追記]でも書きましたが、標準ライブラリを使ったプログラムがまともに動かないのはモーター自身がギヤード(減速)モーターだったからでした。そりゃ減速比を考えずにステップ数を設定しても思い通りになるわけはありません。改めてモーターの仕様を調べてみると5.625度×1/64とあり、減速比は1:64ということになります。
ただし、実際のプログラムでこれに基づいて180度回転を32×64=2048とすると360度回ってしまいますので1:32ということのようです。
標準ライブラリでは具体的な励磁過程はブラックボックスになっていますし、そもそもこんな古典的?な4相のステッピングモーターが対象になっているかも怪しいので、これ以上の詮索はしないことにしましょう。


時計回りに180度→90度→45度→45度と回転...

負のステップ数にしても何故か逆回転はしてくれませんが、例えばAボタンを押すと180度回転、Bボタンで22.5度回転…とすれば、鉄道模型のターンテーブルが作れそうです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事へのトラックバック URL
http://yumeiroandroid.blog.fc2.com/tb.php/221-054dba9c

 | ホーム | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース (10)
スマートフォン (33)
中華パッド/タブレットPC (104)
ミニPC (25)
マイコン (64)
CNC機器 (16)
アクセサリ (14)
アプリ (9)
実験 (7)
工作 (13)
その他 (12)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。