夢色☆あんどろいど

中華パッド&スティック、Raspberry Pi、Arduinoなど、怪しいデジタルガジェット探偵団!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Allwinner A10搭載機に興味津々

まだ発注した商品が届きもしていないのに早くも次のものに目移りしています。まさに「物欲の秋?」ですな...

そろそろARMの最新コア~Cortex A15採用の新製品が登場してくる時期ですが、中華パッドの世界でも、このA15と同じARMv8アーキテクチャであるCortex A10搭載機が出てきています。

Cortex A10? ちょっと調べてみましたが、具体的なベンダー名とかシステム構成とかあんまり詳しいことは判らずじまい。まあ、採用商品が比較的低価格であることから察して、今ちょっと評判になってるインテルのSandy Bridgeの低価格版PentiumやCeleronと同じような、A15のシングルコア、低クロック版かな?と理解しています。
とは言え、中華パッド最速クラスの1.5GHz駆動ですし、電力効率も良さそうです。
とにかくコストパフォーマンスがとても良さそうなので、今後の中華パッドの主流になりそうな予感があります。

さて、具体的な搭載機ですが、現在のところ「Ainol NOVO7」と「ONDA VX610W」という2製品が確認されています。
いずれもAndroid2.3搭載の7インチモデルで、Cortex A10の1.5GHz(NOVO7は実測1.0GHz)にメインメモリ512MB、内蔵ストレージ8GB。2160p対応可能の高い動画再生能力を謳っています。

ONDA VX610Wはまだ海外通販ではそれほど出回っていない模様ですがWEB上では「94ドルで買った…」なんて言う情報もあります。実際、国内でも1万円ちょっとで販売されていて、かなり魅力を感じます。
タッチパネルは感圧式ですが2ポイントタッチが可能なようで、ドキドキ堂さんの動画で見たところでは、さすがにCPUパワーが大きいためか、WM8650機のそれとは比べものにならないぐらいスムーズです。

onda_vx610w.jpg

ONDAって、Hがないの?といかにも中国っぽいブランド名ですが、どこかで聞いたことがあるな~と思っていたら、ここのビデオカードを以前見かけたことがあります。実際はマザーボードなんかも作っているようです。
そんなわけで一応サポート体制が充実していて、タブレット製品のファームのアップデートもちゃんと行われています。しかも、昨今のマザーボードのBIOSアップデートと同様にWINDOWS上から専用ソフトで簡単に行えるようで、(普通のPCの世界では当たり前なんでしょうが…)けっこう感動してしまいました!
公式ファームが公開されていますので当然カスタムファームの開発も盛んなようで、従来製品のVX610A(A8機)では何とAndroid3.0のカスタムファームまで存在(速度はどうなの?)してたり、こちらでも期待できますね。

詳細は以下のURLを参照下さい。
http://www.onda.cn/Topics/610w/index.html

NOVO7は、国内ではNOVO5の人気゛か高いようですが、まだNOVO7は出てきていない模様です。海外通販ではボチボチ出回りはじめていて、送料込みで160~200ドル位の感じです。

ainol_novo7.jpg

こちらのタッチパネルは静電容量式でしかも5ポイントタッチ対応。カメラが裏表2基あり、バッテリー容量は4000mAHですが、重さがたった175gとスマホ並の超軽量な点が特徴です。
また、従来製品ではカスタムファームの開発が盛んでしたのでこちらでも期待できます。

詳細は以下のURLを参照下さい。
http://tabletrepublic.com/forum/latest-tablet-news/ainol-novo7-specs-86.html

どちらもそれぞれに魅力があって捨てがたいです。日本では売り手の都合?と買い手の心理から、より高価格×高機能な製品が売れる傾向にあるのでNOVO7でしょうか? 
なお、ONDA VX610Wはメーカでの扱いは「PC」ではなく「メディアプレーヤ」ですので、公式マーケットに非対応であったり、公式なスペックが公開されていなかったりします。もちろん、カスタムファームへの入れ替えやroot化等の大がかりなカスタマイズをして楽しもうという人には、それ故安価でラッキ~!ということ以外ありませんが、初心者の方は留意すべきでしょう。

[追記]
CPUについての情報が下記URLにあります。
「Allwinner A10」と言うそうで、性能的なことはよく判りませんがシステム構成だけは読み取れます。
実際はA8コアです。クロックも実際は1GHzで「1.5GHz」と言うのは「頑張ったらそれぐらいは出るよ~」と言う程度の意味らしいです。なかなか中華っぽいちっぷですね~
http://androidling.wordpress.com/2011/09/12/allwinner-technology-a10-tablet-solution-2160p/

NOVO7も公式マーケット非対応のようです。まあ、こちらもVX610Wと同様、ファームの入れ替えとかを前提とする人にとっては何の問題にもならないと思いますが…
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事へのトラックバック URL
http://yumeiroandroid.blog.fc2.com/tb.php/19-dc4884d5

 | ホーム | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース (10)
スマートフォン (33)
中華パッド/タブレットPC (104)
ミニPC (25)
マイコン (64)
CNC機器 (16)
アクセサリ (14)
アプリ (9)
実験 (7)
工作 (13)
その他 (12)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。