夢色☆あんどろいど

中華パッド&スティック、Raspberry Pi、Arduinoなど、怪しいデジタルガジェット探偵団!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライタが欲しい!

「ライタ」と言っても火を点ける「lighter」ではなくて「Writer」」=書き込み器のことです。マイコンチップにプログラムを書き込むための道具ですが、正直、何が何やらよく判らない状態で... 例の如く、情報は大量にあるのですがどれも決め手がなく、新旧様々な情報が錯綜していて、総合比較のようなものがない…とド素人には全然理解出来ません。純正品にしておけば安心かな~?と思いきや、AVR StudioとArduinoIDEは共存出来ない、とか、ターゲット用電源が別に必要とか...面倒臭そうな話もあってこちらはパス。自作ライタの方が選択肢も情報も多そうですが、今の実力では全く自信なし! 
まあ、私の場合、チップをArduino化することに拘る気はさらさらなくて、要はプログラムが動けばそれで良いので、ATMega328P/168PやATTiny2313には既に書き込みが成功しているUNO+ArduinoISPで最低限の機能は果たせるので、ライタを使うのは上記の方法に対応しないチップを扱いたい時やBASCOM-AVRを使いたい時に限られています。だから、ArduinoIDEと併用出来て、外部電源不要で、GUI版のAvrdude辺りが動いてくれれることが条件になります。

改めてそんな視点で物色すると、国内流通品では共立電子のAVRWRT3という製品が良いかな~と思いました。値段もまあまあ安いし何と言っても店頭ですぐに手に入るのは魅力です。(デジットのレジの前のワゴンにある!)

a13052301.jpg

それともうひとつはUSBaspと呼ばれる製品。こちらはオープンソプラットフォームのライタで自作可能ですが製品もたくさん出ていて、AliExoressで6ピン変換コネクタ込みで5ドル弱! 恐ろしくコストパフォーマンスが高いのが特徴です。

a13052302.jpg

この辺、実際に使っているわけでもないし、何か客観的な指標に基づいているわけでもない、あくまでも個人的な感想みたいなみのですが、まずはUSBaspを試して見て、それが使えればそれで良し、ダメなら次はAVRWRT3…という感じで行こうと思っています。

それにしても、ライタひとつ選ぶのでも素人には大変なことなのに比べてボードタイプのArduinoの易しさは画期的だな~!とつくづく思います。何しろ買って来てすぐにそれだけで使える、簡易ライタにもなりますから...
実際使ってみても、私の使い方では、千円位で手に入る安い中国製の互換機で十分ですので、本当に気軽に利用出来ます。今度ライタを注文する時にもう1枚買って、ダイソーで売ってる200×100mmのMDF板(4枚105円?)にブレッドボード2枚と一緒に固定した実験ボードを作ろうかな~と思っています。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事へのトラックバック URL
http://yumeiroandroid.blog.fc2.com/tb.php/169-09d83b36

 | ホーム | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース (10)
スマートフォン (33)
中華パッド/タブレットPC (104)
ミニPC (25)
マイコン (64)
CNC機器 (16)
アクセサリ (14)
アプリ (9)
実験 (7)
工作 (13)
その他 (12)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。