夢色☆あんどろいど

中華パッド&スティック、Raspberry Pi、Arduinoなど、怪しいデジタルガジェット探偵団!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々な妄想が広がる素材を見つけた~!

先日、電子部品をAliExpressで物色している時に偶然見つけたものがこれ↓。

a13042201.jpg

一見、熱線吸収フィルムに似た青い粘着シート様の物体で、どうやらプリント基板を自作するための「感光基板」なるものを自作出来る魔法のフィルムらしいのです。
要するに光硬化型樹脂が塗布されたフィルムで原理的には今や女子の必須アイテムとなってるネイルアートで使うアレと同じものですな。
使い方はこいつを熱圧着して、OHPシート等で作成したパターンフィルムを使って露光させた後フィルムを剥がしてエッチングを行い、最後に残った皮膜(レジスト)をイソプロピルアルコール(IPA)等で除去して完成・・・と、現在国内で主流の感光液塗布方式やトナー転写方式と比べて、非常に簡便な方法のようです。既に海外では結構普及しているらしく、YouTubeでの紹介動画もあったりしますが、国内ではこれで感光基板を自作した事例は、少なくとも私がネット検索した限りでは全く存在していません。
コストパフォーマンスガ猛烈に悪いとかならそれも理解出来ますが。価格は30cm幅10mで20ドル弱、20mで30ドル弱と、信じられないぐらい安いのでとても不思議です。

私の場合、これでプリント基板を作ることはまずないと思いますが、生基板が金属板に変っただけで全く工程的に同じである模型用エッチングバーツが作れないかな~と思っています。今はこの分野、最も安上がりでかつ簡便なプリント基板自作手法であるトナー転写方式を応用した手法が使われていますが、トナーをムラなく定着させることが結構難しく、どうしても歩留まりが低くなる側面がありましたが、このフォトレジスト方式だとこの辺がかなり改善される可能性があります。
まあ、プリント基板にしても、現状の市販品の10分の1以下のコストで自作することが出来ますので、何かこの素材、色んな所で大きな影響をもたらしそうな予感がありますね~!

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事へのトラックバック URL
http://yumeiroandroid.blog.fc2.com/tb.php/159-1c2b1759

 | ホーム | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース (10)
スマートフォン (33)
中華パッド/タブレットPC (104)
ミニPC (25)
マイコン (64)
CNC機器 (16)
アクセサリ (14)
アプリ (9)
実験 (7)
工作 (13)
その他 (12)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。