夢色☆あんどろいど

中華パッド&スティック、Raspberry Pi、Arduinoなど、怪しいデジタルガジェット探偵団!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマタブレット2題

中華パッドではありませんが、久しぶりにタブレットの話題です。
案の定と言うか、かつて予想した通り、最近「テーマ性を持ったタブレット」が続々と出てきていますね~

ひとつは、Mobile In Style株式会社が発売する、VOCALOID Megpoidのキャラクターである「GUMI」をテーマにしたAndroidタブレット「GUMI Tab」(29,800円)。
↓販売サイト
http://www.edentab.jp/gumi/
a13041001.jpg

基本スペックは、「edenTAB Wi-Fi」をベースとして、7吋1,280×800ピクセルのスクリーンに、プロセッサはSamsung S5PC210(1.2GHzデュアルコア)、メモリ1GB、内蔵ストレージ16GB、GPS、200万画素の前面カメラと800万画素の背面カメラ、OSはAndroid 4.0…といったところ。

もうひとつは、トイザらスが販売するキッズ向けタブレット~「MEEP!」(14,999円)。
↓公式サイト
http://www.meeptablet.com/jp/
a13041002.jpg

基本スペックは、7吋800×480ピクセル、プロセッサはCortex A8 1GHz(Allwinner A13?)、RAM512MB、内蔵ストレージ4GB…と、センターカメラの外観と言い、いかにも中華パッドのエントリモデルであるQ88に似た感じで、これだけだと随分と割高な印象ですが、さすがに子供向けを謳うだけあって、シリコンプロテクター、手袋やペンの材質を選ばない光学式タッチパネル、独自のコンテンツ管理システム等、この辺はなかなかしっかりしているようです。

背面がフラットなタブレットであれば、カッティングシートや模型用転写シート(デカール)を利用すれば。こういう「痛TAB」を自作することは容易です。新しい端末を買って使用頻度が落ちた端末とかの再生に良いかも知れません。
ただ、印刷面は摩擦に弱いので交換しやすいようにしておく必要がありますが…
外観だけでなく壁紙や通知音とかも外観イメージと合わせれば統一感が出て楽しいでしようね~

それにしても、とうとう1ドル100円になってしまいました~!
個人輸入した方がかえって高くなるケースが続出してきています。今年年頭に予感した「中華パッド終焉」はますます現実味を帯びてきた感じです。
実は今、仕事で外に持ち出す用タブレットの購入を考えているのですが、そこにはもう中華パッドの選択肢はありません。今までの経験上、レザーケースとかに入れてしまえば外で使ってもそれが中華かどうかなんてバレたことはありませんけどね...

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事へのトラックバック URL
http://yumeiroandroid.blog.fc2.com/tb.php/154-6ee28b80

 | ホーム | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース (10)
スマートフォン (33)
中華パッド/タブレットPC (104)
ミニPC (25)
マイコン (64)
CNC機器 (16)
アクセサリ (14)
アプリ (9)
実験 (7)
工作 (13)
その他 (12)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。