夢色☆あんどろいど

中華パッド&スティック、Raspberry Pi、Arduinoなど、怪しいデジタルガジェット探偵団!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Raspberry Pi専門誌~「The MagPi」

日本でもマスコミデビュー秒読み段階のRaspberry piですが、さすが地元の英国ではコミュニティの活動が活発で、専門誌まで存在しています。
その名は「The MagPi」。月刊誌で2012年5月の創刊号から現在2013年1月号が現時点の最新号となっています。
そして何と嬉しいことに電子版(HTML版/PDF版)は無料で読めます!
http://www.themagpi.com/

a13020101.jpg

ボリュームは32頁程度ですが、何しろすべてRaspberry Piの記事ですから、日本のコンピュータ専門誌で言えば毎号が特集号のようなもの。内容は非常に濃いです。
もちろん中身は全部英語ですが、実際に読んでみると自分の英語読解力をちょっと錯覚してしまうほど楽に読めるな~と思ったら、年少の読者にも配慮して書かれているようで表現がとても平易なのです。
内容も「Raspberry Piでいかに楽しく遊ぶか?」がテーマになっているようで、C++やシェルスクリプト、Python等の入門講座から簡単な電子工作、Arduinoとの連動とか、それぞれの専門知識のないことが前提に書かれていることもあって、何かとっても素敵なことが起きそうな感じがします。丁度、大昔に読んだ「模型とラジオ」や「模型と工作」、初期の「アイオー」に感じたワクワク感と似た感触です。

↓LEDの点灯制御ではブレッドボードでの配置図も載っている…
a13020103.jpg

↓モータ制御の解説記事。トランジスタの使い方や制御プログラムも紹介されている。
a13020102.jpg

先日、Googleが英国の子どもたちにRaspberry Pi15000台をプレゼントした…と言うニュースを読みましたが、日本の子どもたちにもプレゼントしてもらいたいものです。本当に教育に使えるのは高性能で高機能なコンピュータよりもこういうフレンドリーなハードの方がふさわしいと思います。とりわけハード制御を子どもの頃に学ばせることは大きな意味があります。プログラミングももちろん大切ですがコンピュータで実体のある何かを具体的に動かすことは、それが出来た時の達成感や感動の度合いが桁違いに大きいからです。
普通のPCでは未だにバラパーツをバラック配線で仮組みして外部制御なんてことは無理ですけど、Raspberry PiならLED位は直結可能ですし、ブレッドボード等を使えば電子ブロック感覚で簡単に動作検証が出来ます。
専門技術者でもないごく普通の、ましてや子どもたちがコンピュータ制御のものを手作りするような社会になれば... まだまだこの国は大丈夫だと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事へのトラックバック URL
http://yumeiroandroid.blog.fc2.com/tb.php/133-3c9c4178

 | ホーム | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース (10)
スマートフォン (33)
中華パッド/タブレットPC (104)
ミニPC (25)
マイコン (64)
CNC機器 (16)
アクセサリ (14)
アプリ (9)
実験 (7)
工作 (13)
その他 (12)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。