夢色☆あんどろいど

中華パッド&スティック、Raspberry Pi、Arduinoなど、怪しいデジタルガジェット探偵団!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Allwinner A31のパフォーマンスは…

待望のクアッドコアプロセッサ~Allwinner A31搭載機が潤沢に出回るようになって、ネット上にそのパフォーマンス情報が多数上げられています。

a13010801.jpg

総論的に言うと、あくまでもベンチマーク上の、私個人の見方としては期待外れ。わざわざクアッドにする意味が、マーケティング的な意味合い以外に感じられません。やはりプロセスルールが古い40nmである点が影響しているのかCPUヒアのクロックが1GHz止まりなのがベンチマークに影響しているようで、せめて1.2GHzあればデュアルコアに明確な差をつけられるのにな~と思います。

他のチップと比較した総合ベンチ↓
http://www.newaydeals.com/testing-of-allwinner-quad-core-chip-a31-cpu/

搭載機のレビュー(ONDA V812)↓
http://www.android-hilfe.de/sonstige-android-tablets/354410-8-onda-v812-quadcore-cpu-2gb-ram-vr-sgx544mp2-gpu-2.html

Teclast P88↓
http://www.gizmochina.com/2012/12/05/teclast-p88-tablet-come-with-allwinner-a31-processor-benchmark-more-than-12000/

まあ、Allwinner A10がそうであったように動画の再生機能や省電力性能等、なかなかベンチマークに際立った数値として表れにくい部分には期待が残ります。
本来、マルチプロセッサ化は自動車のエンジンに例えると回転数ではなくトルクの向上を図る行為ですから、スピードではなく積載量=高負荷処理に真価を発揮するものだと思います。この辺を勘違いするとちょっと悲しいことになりますので、気をつけないといけませんね!

それにしてもデュアルコアのRK3066のパフォーマンスの高さに今さらながら気付かされます。今の私には当面これで十分な気がします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事へのトラックバック URL
http://yumeiroandroid.blog.fc2.com/tb.php/124-46ddcaab

 | ホーム | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース (10)
スマートフォン (33)
中華パッド/タブレットPC (104)
ミニPC (25)
マイコン (64)
CNC機器 (16)
アクセサリ (14)
アプリ (9)
実験 (7)
工作 (13)
その他 (12)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。