夢色☆あんどろいど

中華パッド&スティック、Raspberry Pi、Arduinoなど、怪しいデジタルガジェット探偵団!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原道N70双擎SもNexus7超え!

前のエントリで安卓ベンチの結果が8100台とお伝えしましたが、N70双擎だと同じ公式ファーム最新版で8500前後なので、廉価版らしくややおとなしめのセッティングになっているようです。

それではNexus7と比べてどうなのでしょうか?
N70双擎がベンチマークでNexus7の結果を上回ることは割と有名な話ですが、N70双擎Sでも同じなのでしょうか? 今回はNexus7、N70双擎のデータが豊富にあるPassMarkのベンチマークを使って調べてみました。

まずはN70双擎Sの結果↓
3回計測した結果、下は2108、上は2168、平均2140というスコアが出ました。
(画像をクリックすると拡大表示されます)
a12112901.jpg

Nexus7の結果↓は2079で、僅かですがN70双擎Sでも上回ることが判りました!
http://www.androidbenchmark.net/phone.php?phone=Asus+Nexus+7

ちなみにN70双擎は2220で安卓ベンチと同様、N70双擎Sを上回る傾向を示しています。
http://www.androidbenchmark.net/phone.php?phone=Yuandao+N70DC-T

クアッドコアの方がデユアルコアとより遅いと言うのは一見不思議な感じがしますが、普通のパソコンでも遅いチップセットや内蔵グラフィックスを使うといくら速いCPUを使っても本来のパフォーマンスが出ないのと同じ理屈です。中華系チップベンダはいずこも動画再生能力を重視する傾向が強いですし、RK3066はGPUをクアッドコアにしていることが幸いしているのだと思います。

まあ、こちらはGPSもBluetoothもないし、液晶、バッテリーはショボいですけど、何よりも値段が半額もしくはそれ以下で、この手の商品としてはかなり重要な要素であるパフォーマンスだけは勝る…と言うのは、まさに中華パッドの「鏡?」とも言えますが、これってかつての日本の零式艦上戦闘機とか、今も東大医学部に脳が保存されていると言われる平賀博士の軍艦(古高、夕張等)に通じるものがあって、何となくそのコンセプトに共鳴してしまうものがあります。
ただ、それと同時にかつての日本企業が得意としたポジションに台湾、韓国どころか中国企業が台頭して来ていて、結果的に押し出された恰好の日本企業の居場所が世界のどこにもない?状況を感じてしまいます。日本国内にニートや非正規雇用を大量に生み出してまで生産を海外移転したはずなのに、それでも価格競争力が全く無いのはどう言うことなのでしょうか? 根拠のない一流意識は早々に捨て去るべきでしょうね~

・・・と話があらぬ方向に行ってしまいましたが、どうせ1年も経たないうちに陳腐化してしまう今のタブレット端末の世界では、このN70双擎Sはベストパフォーマンスモデルだと言えるのではないでしょうか。
願わくば、こうした「夢」や「意気」が感じられる製品を国内企業から出してもらいたいものです。
「今度の誉31型チップってA15にA7四連装を束ねた非対称形CPUに雷神543型GPUコアを16基載せたものだって~」とか一度で良いから言ってみたいものです。


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事へのトラックバック URL
http://yumeiroandroid.blog.fc2.com/tb.php/107-6a3b0c9e

 | ホーム | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース (10)
スマートフォン (33)
中華パッド/タブレットPC (104)
ミニPC (25)
マイコン (64)
CNC機器 (16)
アクセサリ (14)
アプリ (9)
実験 (7)
工作 (13)
その他 (12)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。