夢色☆あんどろいど

中華パッド&スティック、Raspberry Pi、Arduinoなど、怪しいデジタルガジェット探偵団!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タブレット端末が教育を変えるのか?

このところ在宅学習サービスにタブレットPCを利用する事例が増えています。先日、進研ゼミが利用者を対象にタブレット端末を配布する…という話を聞きましたが、昨日なんか一日の内に2件もそんな話を目にしました。

ひところ大型家電量販店やスーパーのiPhoneコーナーに行くと、特にiPADの実機は必ずと言って良いほど子供が占有していて、我々おっちゃんがつけいるスキがありませんでした。最近はあまり見かけなくなりましたが、きっと家に既にあるのか、自身がスマホを持つようになったのかな?と思いますが、とにかく子供たちはこの手のデバイスが大好きなようですので、それを学習ツールに活用するのは当然の成り行きと思います。
ただ、それがこの時期に集中しているのは、ここ半年ほどで一気に進んだ中華パッドの低価格化が大きく影響しているのでせ?と思います。年間料金の一括先払いであれば端末を無償配布しても吸収出来そうですし、教材の制作、配布、成績管理、フィードバック等が非常にやりやすくなりますのでもそれをコストに換算すれば逆に収益につながるようにも思います。何トロ子供自身が成績データを入力してくれたり理解度を教えてくれるわけですから...

それでは各社の概要をご紹介したいと思いますが指導方法や教材の善し悪しはよく分かりませんので、ここではあくまでもタプレット端末のことに限ります。

●スマイルゼミ(ジャストシステム)
あの一太郎や今ではいつの間にかホームページビルダーを売っているジャストシステムの新規事業です。私は知りませんでしたが学校向け教材ソフト開発では実績があるそうです。
端末はAndroidと言うだけで仕様は公開されていませんが画像で見る限り9~10吋の4:3ディスプレイを搭載し、リアカメラを備えたものです。システム管理上あまり歓迎できないMicroSDスロットを持つことから専用品ではなく既存製品を流用したものと思います。

サービス詳細はこちら↓
http://smile-zemi.jp/

●進研ゼミ(ベネッセコーポレーション)
中学1年生を対象とした通信講座の年間予約者に無償配布するもので「チャレンジタブレット」と名付けられています。
スペックは7吋(1024×600ピクセル)、Freescale i.MX535 (Cortex A8 1.0GHz)、RAM1GB、内蔵ストレージ4GB、OS:Android2.3…とのことで、タッチペンが付属することから考えて静電式タッチパネルでない可能性があります。ハード面から言うと恐ろしく昔の仕様でいかにも「粗品?」のように感じます。かなりの台数を調達していると思いますが、わざわざ新造したものとも思えませんが…

a12112101.jpg

サービスの詳細はこちら↓
http://chu.benesse.co.jp/tablet/pre/

●デジタルZ(Z会)
こちらは端末の配布は行わず推奨製品を指定し利用者が独自に用意する形態になっています。
推奨端末は現在4機種あり、最も安価な製品はcovia Flead Tab CTB-701で9800円位で販売されている製品です。
この製品のスぺックは、7吋(800×480ピクセル)、チップ不明(Cortex A8コア1GHz)、RAM512MB、内蔵ストレージ4GB、OS;Android4.0...と言ったところで、ICOO D50等のような典型的な中華パッドの廉価版機種を彷彿とさせます。


サービスの詳細はこちら↓
http://www.zkai.co.jp/home/digitalz/

ジャストシステムの端末は不明ですが、みんなOSが古めで、これはFlashとの関わりが大きく影響しているのだと思います。すべてAndroid機なのもこういうことからでしょう。またスペック的にも控えめですが、たしかにA8コア機であれば普通の使い方をする限り、ストレスはWi-Fi速度の方がよほど大きいのでこんなものなんでしょう。

ここでふと思い出したのがNOVO7 Legendのスペックの謎。単なるiPAD mini類似品ということではなく、こういう市場を意識したものならAinol恐るべし!です。たしかに、子供の手に馴染む大きさ、重さで教材アプリを動作させやすい画面比率、性能は見るべきものはないけれど、その分価格は格安で、なおかつシステム的に堅牢・・・とこの種の用途にはうってつけなのです。
既に公式ファームのアップデート版も配布されていますし、Allwinner系ならカスタマイズ情報が豊富なので、ちょっと小細工した自家製ファーム(もしくは改造用スクリプト)の作成もそんなに難しくないと思います。大手と言わず街の学習塾さんなんかでも活用出来るのではないでしょうか?

問題は教材ソフトですが、元々インターネットと教育は非常に結びつきが強いのでネット上には膨大なコンテンツが存在しますのでそれらをいかにうまく利用するか?を考えるだけでも学習効果は得られそうな気がします。
まあ、このブログでたびたび取り上げている「誰でも単純なアプリが作れる簡単開発ツール」があれば話はもっと広がるんでしょうけどね~

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

へ〜

進研ゼミのタブレットからコメントしています。
このタブレット作動が遅くパネルも感圧式です。このタブレットは、三洋電機の製品でどうやら在庫品を進研ゼミに譲ってそれを改造したんだと思います。OSも2.3ということもあり、今は、Nexus72013使ってます。

Re: タイトルなし

たしカニさん>
コメントありがとうございます!
やっぱり!ですね。Nexus7(2013)とは比べるべくもないと思いますが、たしか進研ゼミの教材ってFlashが多用されていたと思いますのでその辺はどうなっているんでしょう?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事へのトラックバック URL
http://yumeiroandroid.blog.fc2.com/tb.php/105-db8d7967

 | ホーム | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース (10)
スマートフォン (33)
中華パッド/タブレットPC (104)
ミニPC (25)
マイコン (64)
CNC機器 (16)
アクセサリ (14)
アプリ (9)
実験 (7)
工作 (13)
その他 (12)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。