夢色☆あんどろいど

中華パッド&スティック、Raspberry Pi、Arduinoなど、怪しいデジタルガジェット探偵団!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超簡単レーザーポインタを作ってみた!

先日、AliExpressで他の買物のついでに、10個で1.5ドル!と言う激安のレーザーモジュールを買いました。
5mWの赤色(650nm)で集光レンズも組み込み済みの金属製ケースに収められたモジュールです。動作電圧は5Vとのことですが他の情報は不明です。
まあ、一応モジュール化されているので、後は電圧を加えてやりさえすれば点くはずです。

a15110804.jpg

ということで、早速、こいつを使ってレーザーポインタを作ってみました。実は以前、ネットでフリスクの空ケースを使ったレーザーポインタを見たことがあって、それならミンティアの空ケースを使って、それもハンダ付けなしで紙やアルミホイル、セロテープ等の身近な材料だけで作れないかな...と考えておりました。
今回は、モジュールの動作テスト用として、名刺サイズの厚紙を使ったカードタイプのものを作ってみました。なお電源は乾電池3本の外付けです。

↓本体
回路は配線材を一切使わず部品のリード線同士をホッチキスで止めることで接続。電路が短いので電気抵抗は気にしないことにしています。固定と保護のために上からセロテープを貼ってあります。
a15110801.jpg

念のため保護抵抗(100Ω)を挟んでありますが、最初330Ωにしたら暗くて50cm位しか届きませんでした。よ~く考えるとモジュールに予め抵抗が入っているようにも思いますが、照度的にこれで良い感じなので試していません。

↓スイッチ部
リード線を止めたホッチキスの針を端子にして、アルミホイルを貼った部分を折って押しつけることでオンオフざています。
a15110803.jpg

電圧も4Vちょい位しか出てないし、抵抗も入っているので、多分フル出力にはなっていないと思いますが、7~8m位はt軽く飛びますので、レーザーポインタとしては問題なく使えます。
当たった場所の状態によって拡散反射するためか光点の大きさは対象物で大きく変ります。
a15110802.jpg

おさらく安全基準はせいぜいクラス2までと思います。(あくまで推測ですけど…) 手に当てても暖かさすら感じませんが、光源を直接覗き込むのはかなり危ない感じです。
この手のレーザー遊びをする時は、モジュールの向きと電源の入り切りに常に注意することもも含めて、十分気を付けてましょうね! (保護メガネをかけるのが理想ですとげね...)


スポンサーサイト

 | ホーム | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース (10)
スマートフォン (33)
中華パッド/タブレットPC (104)
ミニPC (25)
マイコン (64)
CNC機器 (16)
アクセサリ (14)
アプリ (9)
実験 (7)
工作 (13)
その他 (12)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。