夢色☆あんどろいど

中華パッド&スティック、Raspberry Pi、Arduinoなど、怪しいデジタルガジェット探偵団!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IchigoJamでは激安PL2303HXシリアルコンバータも使える!

Arduinoの世界では、DTR端子が出ていない故にPro/Miniや自作機で使えず、今まで対象外だったPL2303HX搭載のUSBシリアル変換モジュールを、今回初めて、IchigoJam用に買ってみました。
この製品の特徴は何と言っても安いこと! 今回はさすがに1個買いなので1ドルちょっとと、正直、先日買ったCH340G搭載品と20セントぐらいしか変りませんが、10個で7ドル、20個だと12ドル…と数がまとまれば激安化します。IchigoJam用途に限って言えば、電源用として使っても良いぐらいです。何しろIchigoJamを自作する上で一番高額なパーツは電源確保用のマイクロUSBソケットだったりしますから...

さて、使用してみた結果ですが、もちろん問題なく使用出来ましたが、予想外だったのは、ファームの書き込み、シリアルコンソールでの使用ともに転送速度115200ボーでの利用が可能だったことです。頻繁かつ大量に送受信を繰り返すようなケースではわかりませんが、ポツポツ、プログラムを打ち込んでそれを実行したり、LIST表示する程度であれば何の問題もなく使えています。

↓今回買った製品。D-SUNと言うブランド名らしいですが、現在AliExpressで販売されているPL2303HX搭載品はほとんどこれと同じ物です。ただし、すべてが同一品かどうかは不明ですが... 何せこの辺が中華の奥深いところですから。
a15062201.jpg

a15062202.jpg

あくまでも私見ですが、IchigoJamはUSBシリアル変換モジュールがあるのとないのとで、楽しみ方、遊び方の幅が大きく違ってくる…と思います。もちろんスタンドアロンでも十分楽しめますが、PCでの操作やファームの書き換え、自作といったオトナの遊び?が一切出来ないからです。
でも国内でUSBシリアル変換モジュールを手に入れようと思うと結構大変です。元々選択肢が限られている上に、難しそうだったり、異様に高価だったり... しかも、相性が悪くて使えないケースがある…とかの脅し文句?を見てしまうと余計に手を出しづらいものです。
その点、この程度の値段だと気軽に試せます。ダメても、ちょっと高めの紙でプリントアウトをしくじった時ぐらいのショックで済みますから。尤も今のところ、4種の変換チップを搭載した5製品でテストしてみましたがダメだったことは一度もなく、一番怪しいと思っていたPL2303HXがすんなり動いたことから、「基本何でもOK!」と言っても良いでしょう。
それにしても、IchigoJam、と言うよりLPC1114の設計の良さには感心してしまいますね~! 特別なプログラムライタが不要なのは大きなアドバンテージだと思います。


スポンサーサイト

 | ホーム |  古い記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース (10)
スマートフォン (33)
中華パッド/タブレットPC (104)
ミニPC (25)
マイコン (64)
CNC機器 (16)
アクセサリ (14)
アプリ (9)
実験 (7)
工作 (13)
その他 (12)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。