夢色☆あんどろいど

中華パッド&スティック、Raspberry Pi、Arduinoなど、怪しいデジタルガジェット探偵団!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DMMドットコムの3Dプリントサービス

最近、3Dプリンタの話題を目にする機会がめっきり増えましたが、それに伴って出力サービスを行う所も増えてきました。
とは言っても、まだまだ業務用であったり、一部のマニア向けのサービスには違いないと思いますが、ここに来てテレビCMをやってるような著名企業の参入で、一気に裾野が広がりそうな雰囲気です。
公式サイト↓
http://make.dmm.com/

a13073001.jpg

出力可能な素材はアクリル、ナイロン、ワックス、チタン、石膏(ホワイトあるいはフルカラー)で、ロストワックス鋳造による銀鋳物の作成や樹脂系素材への着色サービス等もあります。
対応データは今のところSTL、PLY、WRLの3形式ですが、今後OBJ形式が追加されるそうです。
データ作成サービスはありませんが、初心者にも使いやすそうな無料ソフトを紹介しており、入手からインストール、簡単な使い方の解説まで行っています。無料ソフトは、"123D Design" と"Sculptris"の2種類があり、特にCADで有名なAUTODESK社の製品である"123D Design" は3Dプリンタの事実上の標準ファイル形式とも言えるSTL形式データで直接保存することが出来ますので、これを機会に習得しておくと便利かも知れませんね。

なお、気になる料金ですが、公私サイトを見る限りどこをどう調べても「ワカンな~い!」状態です。素材やデータによってまるで違ってきますので記載することは難しいでしょうが、サンプルに対する目安ぐらいは記載してほしいものです。まあ、出力サンプルが7350円となっていることや目安を記載していないことから考えて、ファブラボ等の料金に比べれば相当高額であろうと想像出来ます。もちろん、機材のレベルが違いますけどね...

マイコン遊びなんぞをしていますと、ブレッドボードベースの試作回路までは本当にお手軽に出来てしまうのに、その先の実装段階になると突然手詰まりになることがしょっちゅうあります。とりわけケースやツマミ、ボタン類の不毛度が酷いので、3Dプリンタへの期待はものすごく大きいです。この先、急激な価格低下と性能向上が見込めますので、いずれは個人て機材を所有することになるのでしょうけど、今しばらくこの手の外部サービスを利用していくことが正解かな?と思いますね~

スポンサーサイト

 | ホーム |  古い記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース (10)
スマートフォン (33)
中華パッド/タブレットPC (104)
ミニPC (25)
マイコン (64)
CNC機器 (16)
アクセサリ (14)
アプリ (9)
実験 (7)
工作 (13)
その他 (12)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。