夢色☆あんどろいど

中華パッド&スティック、Raspberry Pi、Arduinoなど、怪しいデジタルガジェット探偵団!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MK802かMK802IIか…どっちにしよう?

MK802についてあれこれと調べていて気がつきましたが、最初にご紹介したMK808は、いわゆるRikoMagic(深セン市瑞科美科技有限公司)の製品ではないようです。現在同社の公式HPにはMK802IIとMK802IIIだけが掲載されていて、どうやらMK802初代はすでに生産終了し、現行製品以外のMK80xと称する製品は人気にあやかった他社の製品?という推測が成り立ちます。
また、MK802IIについても異なったデザインのものが何種類か存在しており、大量のOEM製品もしくはコピー品が流通しているようです。性能的な差が小さいMK802とMK802II、MK802IIIとMK808が併存するのは妙だなあと思っていましたが、こういうことだったのですね~ この辺がいかにも中華っぽいですね! あと、ついでに言うとMK809とかMK808Bなんてのも存在します。

と言うことで、真贋判定をすること自体に意味がありませんので、今後は考えないことにしますが、ここに来て迷っているのはMK802にするかMK802IIにするか?ということ。

↓MK802
a12122601.jpg

↓MK802II
a12122602.jpg

両者の違いはHDMIソケットの形状(メスorオス)、OTG用USBコネクタの形状(mini or Micro)、放熱穴の有無と言ったところですが、ファームが異なるので内部的にも少し違うみたいです。
ハード的にはさすがに改良型だけあってIIの方が良さそうですし、運が良ければ純正品に出会う可能性もありますが、後継製品のため対応ファームや情報がMK802と比べれば少ない上に、現行公式ファームに欠陥があって弄るためにはダウングレード必須…とか、積極的に選べない事情があるのです。

まあ、互換機やコピー機でも同様に動く…というのがすべての前提ですけど、ここはMK802を選択するのが無難なところでしょうか?
とりあえずCM9化するためのファイル一式(公式ファームのUPDATA、CWM、CM9本体、コンパチデータ…)の入手は、リンク切れやら超鈍速サーバに辟易しながらも何とか可能でしたのでMK802で行くことにしましょう。
どちらにしても一筋縄ではいかない分、たっぷりと遊ばせてもらえそうですね~!
ゲームには向きませんが、値段が邦貨にして3000円程と、本当に玩具並の価格ですので、オトナの知的玩具として弄って遊ぶには恰好のアイテムだと思います。もっと国内でユーザが増えて日本語のコミュニティが出来たらな~と思います。

スポンサーサイト

 | ホーム |  古い記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース (10)
スマートフォン (33)
中華パッド/タブレットPC (104)
ミニPC (25)
マイコン (64)
CNC機器 (16)
アクセサリ (14)
アプリ (9)
実験 (7)
工作 (13)
その他 (12)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。